エラを小さくして小顔へ

カウンセリング

費用や注意点をチェック

ボトックス注射というメスを使わないプチ整形で、顔を小さくシャープにすることができるのをご存じでしょうか。このプチ整形はアセチルコリンという神経伝達物質の分泌を抑制し、筋肉が動くのを弱めたり硬直を緩めたりするという働きがあります。顔が大きく見える1つの要因としてエラ部分にある「咬筋」という筋肉が、大きく発達しているというケースが挙げられます。奥歯に力を入れて噛みしめたときにエラ部分が、膨らむという人は咬筋が発達して顔が大きく見えている可能性が高いです。このような人はボトックス注射をエラ部分に行うと、咬筋が小さくなり小顔に、そして輪郭がシャープになります。筋肉によって顔が大きく見えてしまっているので、このようなケースではダイエットをしても顔は小さくなりません。咬筋に直接効くボトックス注射が、このタイプの顔を小さくするのには1番有効、そしてメスを使わないプチ整形ですので1番手軽です。費用の相場は各クリニック、そして使用するボツリヌス製剤の種類などによって変わるものの、約5万円から10万円前後が相場です。ボトックス注射でエラ部分の筋肉を小さくする小顔整形を受ける際、どのような点に注意すると良いのでしょうか。顔が小さくなりたいという人の中には、毎日フェイスマッサージを欠かさないという人も少なくないようです。フェイスマッサージは血行やリンパの流れを良くし、むくみを取る効果があるため定期的に行うと顔がシャープになると言われています。ただ、ボトックス注射を行った後にフェイスマッサージをしてしまうと、せっかく注入したボツリヌス製剤がマッサージの圧によって他の部位に流れてしまう危険性が高いです。もしボツリヌス製剤が流れてしまうとエラ部分の筋肉を小さくするという作用が発揮されず、せっかく施術を受けても効果が無かった・・という結果に終わってしまうかもしれません。フェイスマッサージを続けたいという場合は、施術後どのくらいの日数が過ぎれば行っても良いか医師に確認するようにしましょう。ボトックス注射は施術当日にメイクをすることもできますが、ボツリヌス製剤を注入した部位はできるだけ触らないようにするのも気を付けたいポイントです。